頸椎椎間板ヘルニアの手術を受ける【ストレッチで予防改善術】

ストレスによる耳の病気

カーテン

耳に現れる症状

現代の日本はストレス社会といわれており、ストレスを溜めずに生活することは困難です。そのため、ストレスによるさまざまな病気を発症してしまいます。その影響が耳に出る病気が、メニエール病です。めまいや耳鳴り、低音が聞こえにくくなる難聴の症状が現れたら、メニエール病と診断されます。何もしていなくても突然めまいが起こり、それに伴い、耳鳴りや難聴が現れるという症状が周期的に繰り返されるのです。その周期は、数日に一回だったり、年に数回だったりと、頻度はさまざまです。めまいの激しいときは、動悸が激しくなり冷や汗が出たり、吐き気など、めまいよりもつらい症状が現れることもあります。低音が聞こえにくくなったり音が響いて聴こえるなどの難聴の症状が現れたら、すぐに専門医を受診することが、症状を悪化させないために大切なことです。

予防と対処法

メニエール病を予防するには、ストレスを溜めないことが大切です。自分なりのストレス解消法を見つけ、ストレスを感じたら実行するようにしましょう。また、体の疲れがあるときにもめまいが起こりやすいので、疲れを感じたら早めに休んで睡眠をしっかりとりましょう。規則正しい生活と自分なりのリラックス法を知っていれば、メニエール病を予防することができ、症状をおさえることにもつながります。メニエール病の症状が現れた場合は、専門医に診てもらいましょう。メニエール病は、しっかりと治療すれば治る病気です。手術をすることもほとんどありませんから、安心して受診しましょう。突然めまいが起こってしまったときは、慌てずに楽な姿勢で安静にすることで症状はおさまります。また、他の病気も考えられますので、早めに専門医に受診することが大切です。