頸椎椎間板ヘルニアの手術を受ける【ストレッチで予防改善術】

専門病院で確実な治療を

女性

何科にかかれば良いのか

下肢静脈瘤とは、文字通り下半身に静脈瘤ができ、血行が悪くなる病気です。血管には動脈と静脈がありますが、静脈は血液を心臓に戻す働きをもちます。下半身から重力に逆らって心臓に血液を戻すため、労力もかかり、逆流する可能性もありますから、静脈にはこれを防ぐ弁があります。弁が正常に機能しなくなった状態が下肢静脈瘤です。何科にかかれば良いかという問題がありますが、基本的には循環器科、または外科で診てもらうこととなります。ただし、下肢静脈瘤は皮膚に症状として出ることから、皮膚科でも診てもらえるようですので、問い合わせてみても良いでしょう。ただし、最もよい選択は、下肢静脈瘤専門の病院です。大阪市内を始め、大阪府内には、専門病院もいくつかありますので、検討してみましょう。

専門病院のご紹介

大阪市内の場合、下肢静脈瘤を取り扱う病院は、北区や中央区に集中しています。理由は、大阪の総合病院がここに集中しているためです。総合病院での診療はもちろん可能ですが、北区、中央区には、評判の良い下肢静脈瘤専門病院もいくつかあります。いずれの病院も、下肢静脈瘤の専門病院で、治療実績が大変豊富な病院です。また、保険適用のレーザー治療を受けることも可能な病院です。他の区や大阪市外の方は、病院名に「血管外科」「循環外科」などが含まれていますと、下肢静脈瘤専門病院である可能性が高くなりますので、これらの科目があるかどうかのかくにんを行ないましょう。