頸椎椎間板ヘルニアの手術を受ける【ストレッチで予防改善術】

最新記事一覧

専門病院で確実な治療を

女性

下肢静脈瘤は、外科や循環器科、皮膚科で診療してもらえますが、最もおすすめなのは下肢静脈瘤専門病院です。大阪には、総合病院という選択肢に加え、下肢静脈瘤専門病院もいくつかありますので、有力な選択肢となるでしょう。治療実績が豊富なため、信頼できます。

もっと詳しく

ストレスによる耳の病気

カーテン

メニエール病は、めまいや難聴、耳鳴りなどの症状が周期的に現れます。自分なりのリラックス法を行い、規則正しい生活を心がけることで予防することができます。めまいの症状には他の病気も考えられるため、早めに専門医を受診しましょう。

もっと詳しく

骨折をしないように注意

看護師

骨粗鬆症の予防と治療には骨折をしないことが大変に大切です。背がゆがんでいる老人をよく見かけますがこれは骨粗鬆症による背骨の圧迫骨折です。神経は傷つけないのですが、体の内臓に影響を与えてしまうことがあります。

もっと詳しく

重症を防ぐ手段

先生

ストレッチが非常に有効

頸椎椎間板ヘルニアの治療の際、ストレッチが用いられるケースが多くなっています。但し、ストレッチによって頸椎椎間板ヘルニアが完治するわけではないのです。頸椎椎間板ヘルニアは腰椎椎間板ヘルニアと同様、椎間板の異常突出です。その異常突出がストレッチによって戻ることはなく、あくまでもストレッチは痛み等の軽減、緩和を目的としています。では、なぜストレッチが治療に用いられるのかというと、頸椎椎間板ヘルニアの完治に有効な治療法がほとんどないからです。唯一、有効な治療法となるのが外科手術です。ただ、頸椎椎間板ヘルニアの外科手術というのは、かなり高いリスクが伴います。しかも絶対に完治するというわけでもないのです。このようなことから、ストレッチが治療に用いられています。完治が期待できない治療など、受ける必要はないと思う人もいるかもしれませんが、侮るのは禁物です。完治せずとも、痛み等が全くなくなるというケースも数多くありますから、ストレッチは非常に有効なのです。

僅かな異変も注意

頸椎椎間板ヘルニアが厄介なのは、自覚症状が乏しいことです。実際には自覚症状があるのですが、それが頸椎椎間板ヘルニアと結び付けられないケースが多々あるのです。例えば、肩こりや首の痛みを感じることがありますが、これは頸椎椎間板ヘルニア以外でも起こり得る症状です。単なる疲れだと片付けてしまう人も多くいるはずです。また、腕や手、指等に痛みやしびれが発生する場合があるのですが、場所が離れているため、首に原因があると考える人はごく稀です。従って、頸椎椎間板ヘルニアは放置されがちです。どんな病気でも放置すれば悪化しますが、頸椎椎間板ヘルニアは顕著であり、気づいた時には重症になっているケースが多い傾向にあります。それを防ぐためには、僅かな異変を察知し、医療機関を受診することが重要です。